忍者ブログ 学習机
[29] [28] [1] [27] [3] [22] [23] [24] [25]

DATE : 2017/09/19 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2011/04/29 (Fri)
イトーキの学習机には多くの工夫がしてあります。
「ターンアップ天板」という機能があります。
天板の大きさを変更することで、使用状況に合わせて天板の大きさを変更することができるのです。

天板を広く使いたい時にはターンアップ天板も持ち上げて固定し、天板を広くするのです。
天板が広くない机ですと2冊同時に見たい時は本を上下に重ねておくことになってしまいます。
ターンアップ天板を使用すれば、天板の大きさを奥行き110ミリも広げることができるため、本を天板上で2冊

同時に縦方向に広げることができるのです。
また、天板が広いため対面で2人着席して使用することもできます。
兄弟で対面して使用することもできますし、親が子供の勉強を見てあげる時などにも便利な機能であると思います。

それほど広いスペースが必要ではない時などは、ターンアップ天板を下げておけば省スペースとなるのです。
ちなみに天板を広げたとき、デスクの脚を広げる機能もついているため、安定した状態し使用することが可能です。 

さらに「のこるん棚」と言う機能があります。この機能はイトーキの学習机の代名詞と言われる機能であるようです。

この機能は収納が付いた小さな棚を書棚の中で自由にレイアウトできる機能です。
子供が成長するに従い、書棚の中に収納する本の大きさや種類、数などは当然のように変わっていきます。
その時の状況に合わせて書棚のサイズや位置、形をレイアウトできる機能となっています。
さらに、書棚の中で自由にレイアウトできるだけでなく、書棚から取り出すこともできるのです。
PR
忍者ブログ [PR]