忍者ブログ 学習机
[29] [28] [1] [27] [3] [22] [23] [24] [25] [26]

DATE : 2017/12/17 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2011/01/05 (Wed)
学習机にはライトが必ず付いてきます。
学習机の色やデザイン、機能性は検討するけどライトまではあまり目がいかない、という人は多いのではないでしょうか。
勉強する時には勉強に適した明るさがあり、読書をする際には読書に適した明るさがあります。
もちろんデスク上で手芸などをしたい時にも違う明るさが必要になってきます。
いったいどのくらいの明るさが必要なのでしょうか。
日本工業規格では照明に関する規格が定められています。
それによると、ごく普通の暮らしには300ルクスの照明の明るさが必要といわれています。
読書に最適な照明の明るさは500ルクスから750ルクスぐらいが適当であるといわれています。
勉強に必要な明るさは750ルクスから1000ルクスです。 


学習机におけるライトは500ルクスから1000ルクスの明るさを確保できるものでなければなりません。
さらにインバータを採用しているライトであれば、なお良いでしょう。
インバータ付きのライトであれば、光がちらつくこともないので目が疲れないからです。

学習机のライトには一般的に「電球色ライト」と「昼白色ライト」があります。
学習机には「電球色ライト」が適しているようです。
電球色であればリラックスすることができ、集中力が高まると言われているからです。
学習机のライトの中には「電球色ライト」と「昼白色ライト」を切り替える機能が付いたものまであります。
沢山の種類がありますので、ライトもデスクと同様に、よく考えて購入したいものです。
PR
忍者ブログ [PR]