忍者ブログ 学習机
[7] [6] [4] [5] [2] [8] [30]

DATE : 2017/12/17 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2008/01/20 (Sun)
学習机は小学校から高校まで使用されます。
中学校から高校にかけての成長期には、一年間で5センチほど、中には10センチ近く身長が伸びる子供もいます。
学習机も子供の成長に合わせて、デスクとチェアーのサイズ設定を変更できることが必要になってきます。
そのような機能を備えた学習机であれば、長い期間使用し続けることができます。
日本工業規格(JIS規格)には「学校用家具」というものがあります。
学校で使用する机やイスのサイズを定めた規格です。
その規格では、標準身長を基準として机とイスのサイズを6つの段階に分けています。
具体的な標準身長は105センチ、120センチ、135センチ、150センチ、165センチ、180センチです。
小学校から高校まで、あらゆる身長に対応できるように規格が定められています。
学習机のメーカーによっては、この規格に基づいて学習机のサイズを設定しています。
学習机選びの参考にしてみてはどうでしょうか。

勉強を行う際の理想の姿勢は、かかとが地面についている姿勢、と言われています。
このような姿勢を保てないと集中力が保てず、勉強の効率が落ちくる可能性があります。
また、姿勢が悪いと視力の低下につながる恐れもあります。

デスクの高さは一定で、チェアーの高さを調節して子供の身長に合わせる、という学習机もあります。
このような学習机ではチェアー選びが非常に重要なポイントになってきます。
ステップがあり、かかとがつくようなチェアーを選ぶ必要があります。
PR
忍者ブログ [PR]